ぶれいどきゃっちゃー

社会人野球が好きな人が見たり聞いたり考えたりしたことを書いています。

東京六大学春季リーグ・第7週

この週末での出来事を感想文として。

あんまり覚えてない。スコアを見てもイマイチ試合の内容を思い出せない。
あーやっぱり明治って強いんだなぁっていうのと、立教はもういつぞやの万年5位の時代に戻ってしまったのか?という弱さが印象に残ったような。

早慶戦で優勝が云々、と盛り上がっていたが、実は法政にも優勝の可能性があった。残り2戦を負けず、引き分けず、2連勝すれば優勝という条件だった。
はっきり言って、その最後の相手が東大というのはラッキーだと思われたかもしれない。だからといって1年生バッテリーで臨んだのはナメすぎではないか?と思った。
とにかく1番この試合で大きかったのは、5回表に2点を取ったことだろう。公式のスコアには「T暴投で2人還り逆転」とあっさり書いてあるけど、暴投というよりパスボールではないか?と思ったプレー内容だった。これはランナー二三塁で打席に飯田君が立っているという場面で、スクイズを狙いに行くような動きだった。その1投に対してスイングしかかっていたので、ファールと勘違いしたのかもしれない(私がいた位置からはバッターの影になるので見づらい角度だったけど、ボールが転々と後ろに転がっていくのを見てファールなのか?と思った)しかし球審はファールのコールはしない。多分ボールと宣告したんだろう、いずれにしても、これはキャッチャーだったら絶対に聞き逃さないはずである。
そこで油断してしまったのか、キャッチャーの鎌倉君はすぐさまボールを捕りに行かなかった。スクイズのサインが出ていたためか、三塁ランナーはボールが後ろに転がると同時にホームインし、キャッチャーがボールを捕りに行くのに遅れたと見るや、二塁ランナーもすぐさまホームイン。法政の一年生バッテリーの甘さが見えたと同時に、東大の野球経験値の高さが見えた気がする。確かにリーグ戦で勝ったことはないけど、どういう状況でどういう動きをすべきか、ちゃんと理解しているんだなぁって感じ。
この2点がなかったら、延長に入ることもなかったし東大が勝つこともなかっただろう。

私はこの勝利に大はしゃぎしてしまったけど(爆)淡々と引き上げていく東大ナインを見て、彼らが見据えているのは1勝ではなく、勝ち点1なんだなぁと思った。
そういえば写真を撮りながら思ったけど、この試合で東大の選手の派手なガッツポーズみたいなのもほぼ皆無だった。こういう試合だからこそ、いい画が出るはず、と思っていたのだけど…

うーん、東大の4エラーがすべて、って感じかな。白砂君の自責点0だったのか…
白砂君(外野手登録)のピッチングはすごいよかった。ただ、肝心なところでエラーが出てしまって…という東大の悪いところが出ちゃった感じだな。飯田君のエラーは地味にショックだった…個人的に名手だと思っているので。
あとこの試合、何気に若林君の好守にもやられたんだよなぁ。実は昨日東大が延長の末に勝ち越したのは、若林君のフィルダースチョイスがあったからなんですよね(タイミング的にはとても微妙だったので、ミスとは言い難いプレーだったけど)リベンジしたい思いもあっただろうな、守りもそうだし、打つ方も打点こそあげなかったけど、若林君の出塁はほぼ法政の得点に絡む出塁だった。
ちなみに竹中君のラン本は、右中間に飛んだ打球をセンターもライトもダイビングキャッチに失敗して、その間にホームインしたって感じのアレです。

観てません。以上。

6‐0って点差だけ見ると惨敗に見えるかもしれないけど、現地観戦者としてはそうでもない。惜しい試合だったなぁと思った。
だって東大は、ほぼ毎回ランナーを出して、スコアリングポジションまでランナーを進めてたんだもん。毎回のように不死鳥のテーマが流れてた。ただ、あと一本が……ちょっとバッターが力んじゃったかなぁ。それか、法政の意地を見せ付けられたかもしれない。
それにしても…若林君と佐藤竜一郎君がいい選手に成長しすぎてビビったなぁ。二人を合体させたらドラフト1位トヨタの河合君みたいな感じになると思う。