ぶれいどきゃっちゃー

社会人野球が好きな人が見たり聞いたり考えたりしたことを書いています。

今日の日本選手権

今日も打ち合わせが多くて見れませんでした……が、今日の楽しみだった倉敷オーシャンズvs日本新薬は割と見れた!
廣畑君は確かに良かったと思うけど、7回裏に大崎君のゲッツー崩れで日本新薬が同点に追いついた時に、日本新薬に「いける!」と思わせるものを見せてしまったのかもしれないな。
どこのチームもそうだと思うんだけど、一度「いける!」と思えば、バッターだったら自信を持ってスイングできると思うんですよ。逆に諦めていると、思い切りのいいことができなくなってしまうと思う。とりわけテンションの高い日本新薬というチームなので、これで火が点いたのかもしれないね。
…あんまり精神論みたいなことは言いたくないんだけどね。廣畑君も終盤でってところで、勢いを凌ぎきる力がなくなってたのかもしれない。
しかしなぁ…そんな廣畑君を矢部君がリリーフしたので、いつも廣畑君の世話になってる矢部君が、今日は廣畑君を助ける!という胸熱展開を妄想したのですが、どんなに良いリリーフをしても、野球は点を取れないと勝てませんからね……
あー、色々と惜しいなぁ。この廣畑君と矢部君というコンビはもう来年は見れないだろうからなぁ。秋に期待するしかないな!