ぶれいどきゃっちゃー

社会人野球が好きな人が見たり聞いたり考えたりしたことを書いています。

よく利用していたので

www.nikkei.com
最近はドラマやアニメやあまりにもB級すぎる映画ばかり配信していたようだけど、USEN単独で運営していた頃辺りはほぼ毎日利用していました。
確かサービス開始当初は、プロ野球の中継もしてたんじゃなかったかな。どこの球団の中継をしていたかは忘れてしまったけど、パ・リーグの試合をよく飯食いながら見ていた気がする……
あと何より、プロレスの試合も配信していたのが大きかった。旗揚げ当初ぐらいパンクラスの試合や、90年代末~2000年代初頭ら辺のデスマッチの試合をGyaoで見た…気がする。それと、西口プロレスもね。
この辺は自分は絶大な影響を受けていまして、デスマッチにハマったのもこれがきっかけだし、プロレスでワーワー騒ぐよりも息を呑んで試合を見守ること、グラウンドやグラップリングみのあるテクニックを感じる試合が好きなのは、多分この頃見た昔のパンクラスの試合の影響だと思います。
デスマッチはアレですが、昔のパンクラスの試合は、今ではパンクラスの公式Youtubeチャンネルからしこたま見れるから、見てくれよなー。ボスがどういう戦いの経験を積んできたのかもよくわかるぞ。もうボスじゃないけど、ついボスって呼んじゃうね…
www.youtube.com


…ってな感じでさんざんお世話になってきたけど、よく考えたら「どうやって儲けてたんですかね…」って感じのサービスだったなぁ。当時は動画配信サービスなんて他にほとんどなかったし、YouTubeも全然有名じゃなかったんだけど(何となくYouTubeって結構昔からあった気がするけど、割と最近急に流行りだしたイメージだな)、気が付いたら一瞬にして後続のサービス達に抜かれてしまった感じだな。だんだん映画も、広告まみれでまともに見れなくなっちゃってたし、儲けのスキームの構築に失敗した感あるような。

巣ごもりが明け市場拡大のペースが鈍化するなか、コンテンツ費やマーケティング費がかさみ各社は苦戦している。資金力に乏しいサービスは退場を余儀なくされる可能性もある。

なんて書いてるけど、前も同じことを言った気がするけど、ネット配信の動画を、地上波のテレビと全く同じ感覚で見ようとする消費者が多数派である限り、このサービスって儲けながら運営していくの厳しいんじゃないかと思うよ。儲けるべくテレビにおけるCMのように広告を入れると不評になるしな。
私は「見たいコンテンツをひたすら見れるなら金を出すよ」派なので、ネットの動画コンテンツは月額制なり年額性にしてもいいんじゃないかなぁと思うのよね。あ、番組の合間にテレビのようなCMは流さないでほしいけど。それで本当に儲かるかはわからんけどね……一人何千円ぽっちを集金したとしても、やっぱり広告やPPVのような追加料金もないと賄えないか。それだけの価値があるコンテンツだと感じる人が多くなれば、いいんだけどね。
今の時代に「サービスを享受するためにさらに金を出せ」って消費者に要求するのも、大分逆風吹きそうなアレだけどね。

JABA大会出場チーム一覧が出ました

どうでもいいけど、最近のこのブログのタイトル「あ、」で始まるのばっかなの何なの?小林製薬なの?
それはさておき、
www.jaba.or.jp
team、じゃないかなぁなんて思ったなんて(ry
スポニチ大会の面々シブいね、と思ったのは私だけなんですかね。よく見かける気がするこの辺とかここいらとかこの方々がこぞって不在なせいですかね。
今仕事がしんどいので、どのチームが見たいというより、どこかに旅に出たい気持ちでいっぱいです…(白目)


そういえば、大会日程表を改めて見たら、一部の大会が7回制になってるみたいですね。前のバージョンでこんなの書いてあったかなぁ?社会人見始めてから、そういうルールになったって初めて見たかも。

あ、先日だったか

www.daily.co.jp

この日、地元・神奈川県茅ケ崎市に集まった350人超のファンの前で「野球を続けたい」と宣言。

という文字だけだとあんまりピンと来ないかもしれないけど、この写真を見ると、結構な催しだったというのがわかるんじゃないかなと思います。


そういや、先日買った選手名鑑の殿のプロフィールですが、ベイスガチ勢感を感じました。
いや、殿は私と違って暗黒時代も含めて今の今までずーっとベイスを応援してるから、本物のファンだと思いますよ。

出先で本屋に寄るチャンスがあったので

一応買っておきました。

このような本は20年ぶりぐらいに買いました(白目)
これを読み込んでおくと、全く見たこともない団体の選手の情報が頭に入るので便利です。なので、私はプロレス観戦の場数は少ないけど、選手名はわかるみたいなのが結構あります。20年経って未だ現役みたいな選手が多すぎるのはどうなんだというのはさておいて。
ところで本屋には、こういう本もありました。私が買った選手名鑑は、他の競技でもよくある感じで、顔+プロフィールだけの選手名鑑ですが、こちらは全身が載っています。どういう体型なのか、コスチュームなのかも把握できるので、これはこれでいいですね。プロレスラーはその辺も大事ですね。
パラっとしか見ていないのであれですが、こちらの選手名鑑は、全団体ひっくるめて、選手名あいうえお順に載っているようで、私は読み慣れず敬遠しました。プロ野球の選手名鑑でもさ、12球団一緒くたにして選手名あいうえお順で載ってたら、違和感あるじゃん。その違和感に勝てなかったので、一応団体毎に区別されて記載されている前者を購入した次第でした。前者の方が無駄なプロフィールに記載されている情報も多かったし。
にしても、「これ所謂どインディーじゃないのか?」「そもそもこれ団体なのか?」って団体の情報までみっちり網羅されていたな……まぁ、いいんだけどさ。
プロレスは色々な可能性を持っているべきとは思うけど、深く・広くなりすぎているなぁというのも、懸念事項の一つであります。それは良く言えば「裾野が広い」ってことなのかもしれないけど。