ぶれいどきゃっちゃー

社会人野球が好きな人が見たり聞いたり考えたりしたことを書いています。

日本選手権できなくなりました

よく考えたら、明日からJABA静岡が始まる予定になってるから早く決めないと、と思ったところでJABA公式から中止だと発表がありました(PDF)
このPDFに書いてあるけど、中止になるのは、5月いっぱいまで開催されるJABA大会、あと各地区連盟と都道府県の大会、あとクラブ選手権も中止に。そっかー…クラブ選手権って今年は5月にやるんだった。失念してました。
こうなるだろうと分かっていたけど…いざ中止ですって発表されると、やっぱり寂しいし残念です。


ちょうど今日、JABAニュースが届いたけど、例年だったらこの時期のJABAニュースにはスポニチ大会のプレビューとか書かれるんだけど、こういう状況なのであまりネタがないのだろう、今までにないぐらいページが薄かった。しょうがないやね。
グランドスラムも買って来たけど、これから読みます。こちらはいつもの感じの厚みです。

日本選手権できないかも

www.sponichi.co.jp

 社会人野球を統括する日本野球連盟JABA)は各地区大会の運営中止を含めて検討しており、今週中には何らかの方向性を出すとみられる。
 JABAは首都圏の外出自粛要請を受け、チームが公共交通機関を利用して遠征することを憂慮。ただ、5月中旬の北海道大会まで全面中止とした場合、各大会優勝チームが出場する日本選手権(7月2日開幕・京セラドームほか)の運営が不透明な状況に陥る。

社会人野球は屋外での試合が多いけど、屋外で試合するから安全ってわけではなくて、そこまでの道のりとか、先日もちょっと書いたけど宿事情とか、そういうところにリスクがあるんよな。これはプロ野球でも同じだと思います。大学野球でもそうかな。リーグ戦で茨城⇔神奈川とかいう大移動があったりするし…
ってのを鑑みると、中止になるのは仕方ないことだと思います。日程を延ばそうにも、状況が不透明すぎて延ばしようがないし、それやると都市対抗に響きそうよね。


9年前、東日本大震災があった時も似たような状況になって、全部のJABA大会が中止、日本選手権も中止という状況になって、7月(この頃は8月だったかも)開催の都市対抗は、11月にスライドして開催したことがあります。。幸か不幸か、今年の都市対抗はオリンピックの影響で元から11月下旬の開催となっていました。
9年前のように、せめて都市対抗は開催できるように…!というスタンスで行くなら、まだ調整は楽なのかな。この時期までに諸々が落ち着いていたらの話だけどね。


この当時は社会人野球を観て日が浅かったので、詳しいことは調べてないし、存じ上げておらず。
ただ、年間の試合の運営ってところにだけフォーカスした場合、前代未聞の対応ではないかなぁという感じです。そういうこともある、と。
もっとも、こんなイレギュラーな対応がたった9年のスパンで起こるとは……

まだGWまで1ヶ月ありますが

野球に関係ないことだから、もう1つのブログに書こうかと思ったですが、野球に関係しないこともない気がしたので、こちらに書きます。


GWのJABA京都大会に向けて予約していたホテルがあるのですが、そこから電話がありました。
昨今のコロナの影響でホテルを休業するから、予約をキャンセルさせてほしい、と。
状況が状況なので、仕方ないということでキャンセルを了承しました。こんなところで変にごねてもしょうがないし、ただ迷惑をかけるだけでしかないし。キャンセル手続き諸々はホテル側でやってくれると仰っていました。キャンセル料もかからないとのこと(元々前日キャンセルとか直前でなければ発生しない約款だったけど)


GWなんて、ホテル業からしてみれば圧倒的稼ぎ時なはずですが、それでも休業を決断するとは…
後でパパっと同じ時期のホテルを検索したところ、予約可能なホテルはないことはなかったので、そのホテル独自の決断なのかな、と思っています。まだGWまで1ヶ月以上ありますが、もしもそれまでに収束していたらぶっちゃけ勿体ないけど、安全には替えられない、ということなのだと思います。


他の都道府県のホテルはどうしてるのかな?
私のような遠征したい一般人もそうだけど、よく考えたらそれ以前に、選手たちの宿も確保できなくなる可能性もあるよね。球場の使用可不可も勿論そうだけど。
こういう問題も解決できないと、スポーツの開幕は難しそうだなぁ。仮に何とかして開催したとしても、近郊チームとの試合しかできないかもしれないね。

やっぱりそういう人いるんやね

headlines.yahoo.co.jp
戸田という土地の立地的に防ぎようがないのかもしれないけど…
文面から記者さんの怒りというか、悲しみというか…が感じられます。

どういう気持ちで、どういう神経で訪れるのか。「野球が見たい」という気持ちだろうが、「選手に感染させてしまうかもしれない」や「観戦者の中から感染「チームに迷惑をかけるかも」といった配慮の気持ちは生まれないのだろうか。

本当にそれなんだよなぁ。
野球を見たいという気持ちは、野球ファンなら誰だって持ってる。私も持ってる。
でも、自分のせいで選手に何かあったら……と考えたら、やっぱりやめようって思う。
ってのが普通の考えだと思ってたんだけどね。自分のわがままで誰かの人生に傷つけたり、壊したりしたくないもんね。

やはりそうなったか

昨日のブログを書いた後、ニュースを見ながらそうなるだろうな、と思っていたことだけど。


都と会場が要請し、団体はそれを受け入れた。ならば仕方がない。それに従う。
そう、私が行く予定だった直近のプロレスの試合って、この3.31のダムズだったのです。
何せこの試合では…
・およそ3週間ほど前に50針(!)縫う怪我から復帰する竹田の試合
・1年以上ぶりに怪我から復帰する正岡の試合
があるとのことで、ひっじょーに楽しみにしていたのです。
世間からはめちゃくちゃ怒られそうですが、何があろうと絶対に行くしかないと本気で思っておりました。


だから殿がこういう決断をしてくれて、色々な意味でほっとした。中止を決めてくれなければ、私は間違いなく暴走した。
やってるプロレスは何かと頭おかしいけど、人としてというか、団体としては真面目で誠実なんだな、と思うところが多かった団体だったので、変な決定はしないだろうと踏んではいたけれど。


3.31を見れないのは残念。今後野球が開催されれば、少しプロレスから足が遠のくと思う。
だけどダムズは絶対に、近いうちにまた観に行こう。こういう団体こそ応援して、お金を落とさなければ。