ぶれいどきゃっちゃー

社会人野球が好きな人が見たり聞いたり考えたりしたことを書いています。

小手先の策なんて効くわけないってそれ一番言われてるから

number.bunshun.jp

さしあたり1試合平均時間が3時間を切って、2時間45分に近づくように機構、リーグで努力目標を設定してはどうか。

普段社会人野球を観ている者の感覚だと、2時間45分はちょっと長いかな、って感じの試合時間だけど、まぁ3時間弱が当たり前(な気がする)プロ野球の目標としては良いのかな。残業して帰ってきても、「まだ試合やってるのかよ…」って思うことが多いので。


にしても、何でプロ野球ってあんなに長く感じるんだろう。テレビで見るのと現地で見るのとの感覚の違いかな(ここ何年かずっとプロの試合観に行ってない…)
この記事では高校野球を例に出してるけど、高校野球だけじゃなく、アマチュア野球は全体的にスピード感がある試合進行をしているんじゃないかと思います。昔、社会人日本代表の監督をされていた小島啓民さんが、試合前のベンチで「アマチュアらしくきびきびと」と選手に声をかけていたのを思い出しますが、どのステージの野球でも、アマチュアの根底にはそもそもこういう考えがあるのかな、という感じがします。


私は社会人野球と、首都大学野球連盟の試合をよく観に行きますが、特に首都の試合は速い。2時間弱で終わる試合が多い気がします。そしてこういう試合は大体、ピッチャーのテンポが非常に良く、無駄なフォアボールどころかボール球も出さないようなことが多い気がします。投手だけじゃなく、全体的に、間だったり動きだったり、無駄が少ないような。
ってのを考えると、やっぱりルールでどうこう縛るのではなく、選手の意識やプレースタイル(という表現を使うのは微妙な気がするけど、いい語彙が思い浮かばない…)を変えていくのが第一なんじゃないかなと思います。
申告敬遠なんかは、確かに見ていて試合進行がスムーズになったような気はするけど、申告敬遠なんて頻繁に起こるもんじゃないし、数値化しても大した効果にはならなそうですよね。


どうしてもルールでどうにかしたいって言うんなら、思い切ってメスを入れるようなルール変更をしないと効果が出ないんじゃないかなぁ。
例えば、東京六大学や東都であるような、プロ併の日は9回までしか試合をしないとか、よくある感じですが9回までで決着がつかなければタイブレークとか。こんな風に、試合の大枠に係るような何かしらの時間制限を設ける感じの、大きなルールの改定をしないと縮まらなそうな気がします。こうすると、選手が「アカン引き分けになってまう、早く勝っとかなきゃ」って思ってくれるのかはわかりませんが。
まぁ、こういうことを言うとめちゃくちゃ反対する勢力が絶対出てくるから、誰も言わないし、やりたがらないでしょうけどね。

筋書きのないドラマだけが優れているのか

hochi.news
いい記事ですね!プロレスLOVEを感じます。

プロレスについて「筋書きのある戦いでしょ」や「勝ち負けが決まっているのでは」と、訳知り顔で言う人がいる。はっきり言うが、そういう人ほど、プロレスラーたちが極限まで鍛え抜いた体で、どれほどギリギリの戦いをつづけているかを現場で見るべきだ。トップレスラーたちは一歩間違えば、致命的なケガを負う危険な戦いを日々、続けている。これだけは厳然たる事実だ。

プロレスを見るようになって思うのは、筋書きとか勝ち負けがわかっているとして、だからつまらないなんてことある?と。「おーそういう勝たせ方するんだー」とか、「そういう話の持っていき方するんだー」とか、感心しながら見たりしてるよ。何やかんやで、決着がつくまでは夢中になって見ちゃうし。逆に「何故そういう方向に持っていくかなぁ」と思うところもあるけれど。


この記事になっている、高橋ヒロムオスプレイの試合は、当日の試合は勿論ながら、前々からの盛り上げ方もすごかったと思います。
私は新日本には明るくなくて、実家に帰ってる時にCSでちょっと見ただけですが、記事にある11.3の試合でジュニア王者のオスプレイ絶対王者ぶりを見せつけ「もうこの団体のジュニア全員倒したんだけどw」的な雰囲気で去ろうとした時、怪我の欠場から音沙汰なく1年以上経ったヒロムが突如現れて挑戦者に名乗り出る、という流れでした。これほど如実に、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!という心境を表せる展開はないんじゃないかと思いました。あの場にヒロムファンがいたなら尚更。


例えば野球なんかはよく、筋書きのないドラマって言われるけど、それでもつまらない試合はつまらないよ。逆に筋書きや勝ち負けがあるプロレスのほうが、こんな風に面白い時もある。
これは選手の良し悪しや、試合の見せ方が大きいのではないかと思います。野球とかプロレスに限った話ではない、スポーツ全般に言えることかもね。良い選手なら、筋書きがあろうが、知名度の低いマイナースポーツだろうが面白い。逆に選手がイマイチであれば、メジャースポーツだろうが箱が大きかろうが、しまりのない真剣勝負になることもありますし。
なんだろうな、野球とかサッカーとか、他のスポーツで使うような物差しでプロレスを測ろうとする人が、プロレスをとやかく批判したり馬鹿にしたりするような、という気がします。プロレスは何かの物差しで測れるようなものではないと思うんだよね。だから、プロレスは面白いけど、人にその面白さを説明するのが難しい。いやまぁくどくど説明してもいいんですが、そんなことよりとりあえず見とけ!って感じ。


で、この記事にもあるんだけど、危ない技を出したり、上からドーン雪崩式で落とすような技の乱発はよくないね。見る側は派手だしわかりやすいのかもしれませんが…ここぞの時に出すのはともかく、試合終盤でそういうのの乱発を見ると「技術の手数が足りないのかなぁ」と思ってしまいます。こういうのは必殺技として、フィニッシュの時に繰り出すってのが美しいと思います。でもそれが難しいんだよね。
できる人はあんまりいないみたいだけど、殴ったり蹴ったり投げたりをほとんどしてないのに面白いプロレスってのもあるので、ぜひ見てください(ダイマ

丸藤正道 VS 小川良成 |2019.3.17 博多スターレーン
最近これ毎日見てます…
まぁ普段は蛍光灯で殴り合うような人たちを好き好んで見ているので、私はとやかく言えるアレではないのかもしれませんが。

西濃運輸の新主将の名前に動揺する

www.gifu-np.co.jp

主将の中村優内野手(31)は「自らが先頭に立ちもう一度、"強いセイノー"にしていきたい。春から冬まで常に良い結果を出す」と決意を語った。

ア゛ッ!!??まじで!!??


中村君といえば、6年前の都市対抗リアクションが面白すぎる大活躍していたのを思い出します。
賑やかな選手だなぁと思ったけど、一番印象的なのはこの写真ですね。

自分で言うのも何ですが、嬉しいんだなぁっていうのがよくわかる写真だと思います。


そしてこの1枚には続きがあって、せっかくなので再掲しよう……と思ったら、当時のブログには載せてなかったみたい。個人的に友達に送ったのと勘違いしてたか…
というわけで、今更だけどうpします。続きは↓です。

続きを読む

ド正論で草

ガチの意見なのかギミックなのか、分かりにくいのもまた面白い。
www.tokyo-sports.co.jp

意外にもアッサリとダブル王座戦となったことには「決まったからにはやりますけどね。でも本当にそれでいいの? 1月5日にKENTAが後藤(洋央紀とのNEVER無差別級王座戦)に勝ったのなら分かるけど、負けておいて認められてしまう。こういう変な前例を作ってしまうと、新日本にマイナスになってしまうんじゃないかと思いますね」と警告。史上初の東京ドーム2連戦で争われた2冠の価値を強調した上で、基本的には大阪城後は別々に防衛戦をこなしていきたいと希望を口にした。

中継を見てたけど、あの場面で出てきたらめちゃくちゃヘイト集められるし、絶対集まると思うよ。
でもそれがKENTAきゅんでいいの?と思いつつ、二冠戦でKENTAを秒殺なりフルボッコにするなりしたら、この展開はある意味見直されると思うよ。

明日じっくり見る

寝ようと思った時に発見してしまった。

丸藤正道 VS 小川良成 |2019.3.17 博多スターレーン
これ絶対面白いと思うから。小川さんのシングルでしかも丸藤相手なんて、絶対面白いから。