ぶれいどきゃっちゃー

社会人野球が好きな人が見たり聞いたり考えたりしたことを書いています。

2019年度JABA日本選手権各対象大会の出場チームが発表されました

早速なんだけど、都市対抗予選の開催球場とかも載ってましたけど、東京予選なのに大宮でやるとか、おかしいと思いませんか?あなた。


さて、春への活力を得る瞬間がやってまいりました。JABA公式より。
・今年はうどんを食いに行けと言われている気がする
スポニチ大会か日立のどちらも出ないっていう選択肢ってアリなんだっけ?
・まぁやっぱり日立大会は会瀬球場でやらないとね
・京都に九州三菱自動車…珍しくない?
・京都にJFE西日本、ベ杯に三菱重工広島。これも珍しくない?いつも逆だよね
信越硬式野球クラブ…?言いたいことはまぁわかる
・九州大会(下関)
・地図見て知ったけど、小倉⇔新下関は結構近かったです
・今年から北海道大会復活だけど、今回は各地区の都市対抗予選の勝者を持ってくるスタイルではないんだね
・もうミキハウス出るんだ。当然か
トヨタ自動車東日本頑張りすぎ。いいぞもっとやれ
…は?富山…?


そして、都市対抗福島予選が行われる「SOSO.Rならは・みちのく鹿島」というのがガチでどこなのかわからないワイ福島県民。

・SOSO.Rならは:SOSO.Rならはスタジアム。楢葉町総合運動場野球場のこと。楢葉町は…福島第一原発に近い場所といえば、県外の方でも大体の場所を想像しやすいだろうか。SOSO.Rとは、ネーミングライツを取得した相双リテックという企業名による……あ、SOSO=相双ってことか。オレ巷で流行りの幕張のほうに本社があるあの企業のイメージで読んじゃいました。
・みちのく鹿島:みちのく鹿島球場のこと。南相馬市にあるらしい。南相馬市福島第一原発に近い。

楢葉も南相馬も、確か避難指示は既に解除されてたと思うので安全な場所だとは思うけど…なんか恣意的なものを感じるね。
というか、恣意的なものを抜きにしても、この辺りは福島の中心部から車で2~3時間みたいなガチで遠い土地なんだよなぁ。私の計算では、来年の都市対抗二次予選は福島開催なのだが、今のところ行くつもりでいるんだが、もし浜通りで開催されたら泣いてしまう。中通りから浜通りに行くの遠いんだって、本当に。

ぼく経済のこと詳しくないのだけど、なんかM&Aっぽいなーと思って

headlines.yahoo.co.jp
東京バンバータの名は、軟式野球に明るくない私でも知っています。
大学野球や社会人野球で1度見かけたことがある選手が多く所属しているようなチームで(今見ても知ってる選手結構いました)、具体的な根拠があるではなく、主観的で感覚的な感想になってしまうのだけど、一般的な軟式野球チームとは、ちょっと毛色が違う感じがする。


んで、この記事を読んだ感想としては、本当に『なんでヴェルディ?』よね。
大会で何回も優勝したという実績があるんだから、その時点で東京バンバータというチームブランドはある程度できあがっているはず。
とはいえ、まだまだ対外的な認知度は低いので(競技自体の知名度とか露出度はさておき)、日本でも知名度が高いヴェルディブランドを付加することにした…ように私には見える。小売業とかサービス業でも、新興商品に有名なブランドが付くって割とある話だと思うんですけど、ああいう感じの印象を持ちました。
「サッカーっていうイメージが強かったのに、なんで野球やっているんだ」という点でまず、一般層の興味を引くことはできるよな。今のヴェルディのブランド価値ってさー…とかそういうツッコミはここではしない。
育成モデルを作りたいとかそういうアレは…そういう体制と、体制を維持できるお金、体力があるんならチャレンジしてみればいいんでない?って感じ。


私はJリーグ黎明期には既に生を受けていたので、サッカーチームの東京ヴェルディのことは知っています。昔ヴェルディの緑の野球帽子も持ってたよ。
んで、ヴェルディのことをちょっと調べたら、東京ヴェルディバレーボールチームというチームが出てきました。
ヴェルディがバレーボールクラブを持ってるのは、Wikipediaによると「東京ヴェルディの総合スポーツクラブ化の一環」とのことなので、今回の東京バンバータと同じような感じでヴェルディ傘下になったんだと思う(この辺調べてないので、間違ってたらすみません)
ヴェルディが持ってるスポーツチームは、Jリーグ女子サッカーベレーザ)・バレーボール・そして今回の軟式野球と4つになるのかな。この4つというチーム数が、業界的に多いのか少ないのかは判断できないが…


そういえば、こういう感じで複数の異なる競技なのに同じチーム名のやつ、他にあったよなーと考えてて思い出しました。アルビレックスだ。
アルビレックスは「総合型地域スポーツクラブ」とのことなので、ヴェルディと同じ感じですね。アルビレックスの場合「各競技チームの運営会社は全く別個の企業であり、各運営会社間に直接の資本関係等はない。」とWikipediaに書いてあったが、筆者は脳みそが足りないのでよく理解できんかった。ヴェルディベレーザは読売・日テレだから同じ系列だと思うんだが…
しかし、ヴェルディと比べるとアルビレックスはなかなか手広い。スポンサーがいるようですが、儲かってんの?とか、どこからそんなに金出てんだよ、とかそういう疑問はあるけど(全然調べてないだけだけど)こういうやり方も、いいんじゃないですかね。


ちなみに、「総合型地域スポーツクラブ」でググると、文部科学省スポーツ庁のホームページが出てきます。データが古いのばっかだけど、
ざっと見た感じですが、どうやらここら辺で紹介している総合型地域スポーツクラブというのは、(特にNPO法人による)生涯スポーツが主題となっているみたい。要は、子どもでも年寄りになっても同じようにスポーツできる機会や環境を作ろうというやつです。教育関係の勉強をしていると生涯学習という言葉に当たることがあると思いますが、アレのスポーツ版みたいなものかと。
いや、今私が知りたいのは、そういうのじゃないのよね…具体的な競技人口の向上計画とか、総合型地域スポーツクラブを用いた収益モデルとか、そういうのを知りたかったんだけど…そういうパワポの資料ないの?(社畜並の感想)
アルビレックスヴェルディがやろうとしているのは、こういうことも含んでるんじゃないかなと思ったんだけど、まだこういう感じのモデルは少ないのかな。どこの団体もお金のことで色々悩んでるみたいだから、まだまだ未熟な分野なんでしょうけども。


なんか脳内の収拾がつかなくなってきたのでまとめると、バンバータとヴェルディは色々win-winな感じなので、こういう連携を取るに至ったんじゃないですかね、といったところです(適当)


参考:NPO法人とか社団法人とかよくわかってなかったので読んだ資料
教えて! 総合型クラブの法人化 - 公益財団法人 日本スポーツ協会
https://www.japan-sports.or.jp/Portals/0/data/kurabushien/H26_npo.pdf




でも、このニュースをどう捉えたらいいか、よくわからないというのが正直なところです。すごいの?すごくないの?という感じで、インパクトの程がよくわからん。珍しいことしてるなぁ、というのはあるけど。
社会人野球みたいな企業の部活動としてやっているところが、もし今回のニュースのようなことをしたら、もっと他に思うところがあったかもしれないが…

首都大学野球出身の西武の新人2人が尊い

www.nikkansports.com

実はドラ1松本航が「今まで対戦した中で1番の打者。長打も打てるし、打球も足も速い。ちょっとしんどいなと思って投げていました」と話すのが山野辺。首都大学リーグ時代に松本航が日体大、山野辺が桜美林大で対戦した経験がある。

それを伝え聞くと「僕が3年生の時に(松本航が)1年で入ってきて。衝撃的な球で。伸び上がってきてびっくりしました。たぶん最後、優勝したシーンで打ったんですけど、それ以外は全然打てたイメージがない。ヨイショしてくれたんですね」と笑顔で感謝していた。

そうなのよ、2人とも良い選手なのよ、と当時の首都に観に行っていた者としては、声を大にして言いたい。
そういえば、この2人が直接対決したところを直に見たことあったかな?と思いまして、過去の観戦レポを確認してみましたが、どうやら1試合しか観ていなかったようです。
bladecatcher.hatenadiary.jp
日体大桜美林もよく観ていたはずだけど、この2校が直接当たるカードは全然観てなかった。意外。
この日は松本君は5回までしか投げていませんでしたが、当時自分で書いていたスコアによると、松本君vs山野辺君は3打数1安打といったところ。この日は桜美林の圧勝だったけど、後続がヤバいくらいボロボロだったというアレで、松本君が炎上したわけではない………でも5回投げて、被安打8・四球1・3失点ってのは、先発の役目を果たしているとは言えないかな。当時のレポでも言ってるけど、この日の松本君は調子が良くなかった記憶がある。


当時の首都を観ていたのは、本当にたまたま。観始めた時は首都の選手なんて誰も名前すら知らなかったし、所属校も東海大ぐらいしか知らなくて、桜美林大のことなんか、実際に観に行って初めて存在を知った。たまたま大田スタジアムで1部リーグ戦が開催された日があって、それなら気兼ねなく行けると思って観に行ったのが始まりだったと思う。
きっかけはどうあれ、長期的に見守った後に、プロ野球やその他諸々でこういうエピソードを拝見したりすると、当時観ててよかった、やっぱり変に臆することなく各リーグ・各球場に冒険しに行くって大事なことだな、としみじみ思います。
最近観るものが偏ってしまっているので、もっと広く手を出せるようにしていきたいですね。




ところで、過去のレポを読んで今思い出しましたが、大平君は今どこにいるのでしょうか。元気にやっているのでしょうか…(震え声)
いや、当時は本当に良い選手だったと思ったんですよ、本当に…

鷺宮の新体制と勇退者の情報を得る

芦川さんが去ってしまうのが地味にショック。
代わりの野手コーチは誰なんだい?と思って選手名鑑のページを見た。新しいコーチの名前があった。あ、あなたは…!!
8年ぶりぐらいにお名前を見ました。


そして渡辺侑也君がついに去るのか…
私が気に入ってる鷺宮系写真にたまたま結構写っていることが多かったので、一抹の寂しさがある。
ちなみに気に入ってる写真とは…これとか、

これとか。

実は今、とても忙しいという状況ではないのですが

毎日帰りの電車でガックンガックンいいながら寝てる程度の疲れ具合。
毎日情報を集めてブログを書く体力が欲しいです。